秀吉生誕の地

秀吉生誕の地

皆さんこんにちは〜

今日も寒かったですね〜

今日は、名古屋市中村区  中村公園の紹介です。

豊臣秀吉の誕生を記念して明治18年に建てられた豊国神社を中心に純日本風廻遊式林泉公園もあります。

6D1F88FA-9A63-4CB5-8DAD-C50616135C40

公園内には、豊臣秀吉が生まれた場所という意味の石碑があります。

豊国神社
豊国神社
豊太閤御誕地
豊太閤御誕地

そして、「日吉丸となかまたち」という銅像。(豊臣秀吉の幼名が「日吉丸(もしくは日吉)」)

この銅像は中村にいた頃の秀吉で岩の上に腕を組んで立っているのが秀吉です。

後に、尾張中村を出て行商や武家奉公の旅に出ます。

豊臣秀吉
豊臣秀吉
日吉丸となかまたち
日吉丸となかまたち

次に、こちらも公園内にある八幡社。加藤清正が出陣する時に武運長久を祈願したといわれています。

八幡社
八幡社
加藤清正
加藤清正

清正が名古屋城の天守を築くとき、こちらの八幡社境内にあった大楠を棟木にしたと言われています。

以前の名古屋城天守閣は空襲で燃えてしまいましたが、八幡社も名古屋城築城に携わっていたんですね。

そして今、名古屋城では天守閣の木造復元を目指して「名古屋城天守閣寄付金(金シャチ募金)」を開始しています。『金シャチ号』は、この企画に賛同し金シャチ号に募金箱を設置します。

最後に、驚きのパフォーマンスありの喫茶店「喫茶ツヅキ」。

なんと脚立を使って淹れる「カフェオレ天井落とし」コーヒーとミルク高い場所から落とすというスゴ技を見せてくれますよ。

喫茶ツヅキ
喫茶ツヅキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。

それでは、また明日〜

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です